2013年12月22日日曜日

Google Chromeで「Jolly Wallet」という広告が表示されるようになった→解決メモ。

最近急にGoogle Chromeで「Jolly Wallet」という広告が
表示されるようになったのでググってみたら
Adware Jolly Wallet. How to delete?
に書いてある通り、Chromeの拡張で入れていた
「Webpage Screenshot」という拡張機能のせいだった。
前までは表示されてなかったのでバージョンアップとかでこうなったのかなと。

これね

Chrome ウェブストア - webページショット - Webpage Screenshot

ウェブページのキャプチャが便利だったので入れていたんだけど
気持ち悪いので「Webpage Screenshot」の拡張機能を削除してみたら
「Jolly Wallet」の広告も無事表示されなくなった。

これを解決と呼んでいいものか...。

必要になったら代替できそうな拡張機能なりを探してみることにします。

10 件のコメント:

  1. Jolly Wallet の出す広告が最近急に出るようになり困っていました。
    参考にさせていただきました。
    ありがとうございます。

    返信削除
    返信
    1. お役に立てて良かったです^^
      Jolly Walletのように勝手に出されるのは困りますよねー

      削除
  2. 参考になりました。

    ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. いえいえ 参考になったなら良かったです。
      結構Jolly Walletで同じように困ってる方多いようですね。
      コメントしてくれてありがとうございます^^

      削除
  3. 大変参考になりました。 しかし、プログラムを削除したわけでないので不安です。

    Google Chromeで先ず先に開く@niftyのメールの画面で「Jolly Wallet」が表示されメール受信箱が読み込み中の表示で埋め尽くされました。
    「Jolly Wallet」の×印で終了させると別のページが開きアダルト関連やWindowsのウイルスチェック関連が表示されます。
    それらを終了して、@niftyのメール画面を再読み込みを行うとメールのリストが表示出来ます。

    TRYCALCOさんのページを見る前に「Jolly Wallet」表示の右下のギァマークで表示しないを選択して表示されなくなりましたが、プログラム自体を削除したわけではないので裏で動いているのではと・・・。

    TRYCALCOさんのページを見てから、私もアドオンしている「Webpage Screenshot」を設定から確認すると「この拡張機能は Chrome ウェブストアのポリシーに違反しています」の注記表示が有りました。
    違反しているのなら、インストールリストから削除すれば良いものと疑問がわくGoogleの対応ですね?

    返信削除
    返信
    1. 「ポリシーに違反しています」の表示はGoogleのチェック基準が変わる(厳しくなる)ことにより表示されるようになったのかも知れませんね。もし最初から違反しているのならおっしゃるとおりリストに掲載すべきではないですねー。

      参考になったようでよかったです

      削除
  4. そうなんですね!久しぶりに使ったんですよ・・・。これ便利だったのに・・・。
    参考にさせていただきます。

    返信削除
    返信
    1. Web用に特化してはいませんが、今は代替として「Snipping Tool」というアプリを使ってます。
      http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/use-snipping-tool-capture-screen-shots#1TC=windows-7

      参考になればうれしいです^^

      削除
  5. 困っていたので本当に助かりました。
    ありがとうございました!

    返信削除
    返信
    1. そう言っていただけてうれしいです
      書いてよかった^^
      まったく、Jolly Walletめ。

      削除